武蔵小杉の歯医者で口臭ケア

口臭は自分ではわかりにくいスメハラの中でも最凶なもの。

食事の内容でにんにくやオニオン、ネギなどのニオイがするということもありますが、ほぼ常時強い口臭がするという場合には、口内の健康以外にも、内臓疾患が疑われることも。

▼参考ページ>>オーラルケアしても口臭がする原因は…慢性胃炎かも? [T-SITE]

どちらにせよ、日頃近くで仕事をする同僚や、営業職や店頭販売などの接客業の人ならば、お客様にも迷惑をかけてしまいかねません。

口臭予防をアドバイスしてくれるようなかかりつけの歯医者さんがいれば、口臭ケアもできます。

地元が武蔵小杉なら、武蔵小杉のかかりつけの歯医者を見つけて、虫歯や歯茎のケアだけでなく、口臭などの悩みも相談できるようにしておきたいですね。

口臭がキツイ人の場合、多くは歯周病などのトラブルを抱えています。

良く言われる舌につく苔状の汚れも口臭の原因になると考えられています。

舌苔は舌にたまる食べたものの残りや細菌で、多くは腐敗しています。

食べ物の残りに含まれるタンパク質は、細菌が分解していきますが、ガスを発生させるため腐敗臭が起こります。

歯磨きの際には舌を磨くようにして、口の中に食べたもの残りカスなどが貯まらないように、清潔を心がけることで対処します。

歯周病菌による口臭の場合、毒素がふくまれていて、歯周病を悪化させるとも言われ、ひどい口臭はきちんと歯医者さんに相談しないと健康リスクを引き起こすことも。

ガンの原因になる活性酸素を増加させるとも言われ、実は怖い病気とリンクすることも。

口臭を指摘されたら、早めに歯医者さんへ検診へ出向きましょう。